済州島と沖縄を比較してみました!2島の共通点とは?

済州島沖縄比較

 

済州島と沖縄を比較してわかった共通点と固有点について

 

この記事を読むための時間:3分

 

韓国の人気観光スポット、済州島。エメラルドグリーンの海岸や白い砂浜が一面に広がるこの島を「韓国のハワイ」と呼ぶ人も多く、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。では日本国内でこのような場所がないものだろうかと考えてみると、多くの日本人が沖縄を連想するのではないでしょうか。実は済州島と沖縄、国こそ違えども、この2島には共通点がいっぱいあります。韓流ブームと共に、共通点の多さからくる親しみやすさは、日本人が済州島を好む理由の一つかもしれません。
今回は済州島と沖縄の共通点について、いくつかご紹介していきますので、興味のある方はぜひご覧ください!

 

比べて気が付く済州島と沖縄の共通点

済州島と沖縄は自然の美しさや食文化、信仰や風習に多くの共通点があります。どちらも本土から離れた島国であるが故に、島民の中で独自の文化が生まれたのではないかと言われています。文化の成り立ち方が似ているからこそ、共通点も多いのかもしれないですね。では具体的にどういった共通点があるのかご紹介しましょう!

 

沖縄に引けを取らない美しい海・月汀里(ウォルジョンリ)ビーチ

月汀里(ウォルジョンリ)ビーチは済州島人気ナンバーワンの海水浴場です。透明度の高い海と砂浜の白さは沖縄のビーチにも引けを取りません。済州島にはこういった美しいビーチがいくつかあり、最近では海岸線にインスタ映えしそうなおしゃれなカフェも立ち並んでいて、女性にも人気のスポットになっています。白い砂浜から眺める海岸線は、沖縄の海と同じ美しさが広がっています。

 

見た目もそっくり!?コギククス(豚肉うどん)

ジューシーやソーキそば等、沖縄の料理に豚肉は欠かせませんが、済州島でも豚肉は島の人たちにとって欠かせない食材です。済州島では黒豚料理が名物となっていて、島内に数多くある黒豚料理店にて、多くの観光客にそれはふるまわれています。中でも人気の麺料理、「コギククス(豚肉うどん)」は、うどんのような麺に白濁した豚ベースのスープ、具材には豚の三枚肉が載せてあり、味も見た目も沖縄のソーキそばとそっくり!済州島と沖縄の食文化の共通点がかなり感じられる一品です!

 

済州島の守り神・トルハルバン

「シーサー」は沖縄のお家の玄関や屋根、集落の入り口に飾られる守り神ですが、済州島にもシーサーによく似た守り神が存在します。その名も「トルハルバン」。石のおじいさん、という意味で、済州島では集落の入り口にトルハルバンを飾り、守り神として祀っています。また、トルハルバンの鼻を触ると子宝に恵まれる、といった言い伝えがあり、新婚カップルがこぞって触りに来るそうです。石を掘って作られたそのいで立ちは、どこか沖縄のシーサーを連想させるものがあり、その祀られ方もまたよく似ています。

 

済州島と沖縄の違うところは?

共通点の多い済州島と沖縄ですが、やはり全く同じ、というわけではありません。参考までにいくつかの違う点もご紹介しましょう。

 

気候

済州島は沖縄と比べて緯度的に北に位置するので、平均気温は沖縄より低いです。沖縄の年間平均気温が約23度に対し、済州島の年間平均気温は約16度と、その差は7度あります。特に済州島は冬には雪も降り、沖縄と比べるとかなり寒いので、訪れる季節によって服装には気をつけたほうがよさそうです。

 

面積と人口

面積は沖縄のほうが少し広いのですが、沖縄本島のみの面積と比較すると済州島のほうが約600キロ平方メートルほど広いです。人口は沖縄が140万人、済州島が66万人と、済州島の人口は沖縄の半分ほどです。人口の少なさからでしょうか、済州島の市街地には人の気配があまりない、薄暗い路地も多いので、治安が良い済州島であっても、一人歩きには注意が必要です。

 

離島がゆえに風習が似ている済州島と沖縄

面積や人口、気候に違いがありますが、済州島と沖縄には風習や文化において多くの共通点があります。離島であるといった共通の立地条件が、同じような文化を育んできたのかもしれません。強靭な風よけを備えた済州島の住居の並びを見ても、どこか沖縄の風景を連想させるものがあります。こういった部分に注目してそれぞれの島を観光するのも面白いかもしれませんよ。

iPhoneケース専門店 │ HOLiC

iPhoneケースの通販ショップ │ HOLiC

iPhoneケース専門店|HOLiC(ホリック)ではiPhoneケースをはじめ、AirPodsケースのインポート商品をメインに販売しており、SNSで大人気のメジャーデザインやキャラクターデザイン、海外でしか手に入らない商品など多くお取り扱いしております。
各種デザインのiPhone・AirPodsケースをご覧頂き、あなたのお気に入りの一点を見つけてください。

屋号 HOLiC
住所 〒370-0861
群馬県高崎市八千代町1-3-25
営業時間 10:00~18:00
定休日:土・日・祝
代表者名 山口 由紀 (ヤマグチ ユキ)
E-mail info@holic-import-shop.com

コメントは受け付けていません。

iPhoneケースの通販ショップ │ HOLiC iPhoneケース専門店|HOLiC(ホリック)ではiPhoneケースをはじめ、AirPodsケースのインポート商品をメインに販売しており、SNSで大人気のメジャーデザインやキャラクターデザイン、海外でしか手に入らない商品など多くお取り扱いしております。

10:00〜18:00
定休日:土・日・祝
※臨時休業:カレンダー参照